消費者金融への債務整理について

再建を図るための債務者の救済方法としている債務整理と消費者金融の関係は、切っても切れない関係としています。消費者にとってはカードローンは便利で、多くの人が利用しているのが現状としています。正しく使用することで、急な出費や今月の生活費の不足など賄えることができますのでサラリーマンや主婦なども所持している人がいます。

 

しかしその便利さがあだとなり借金問題に発展することも避けられないケースもあるようです。ここでは債務整理と消費者金融に結びつくものとしてまとめてみましたので、今後の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

債務整理後の消費者金融の借入れが気になる!

 

任意整理、個人再生、自己破産、特定調停など債務整理をすることで信用情報機関に事故として記載されてしまいます。5年程度としており長ければ10年程、削除されるまで要することがあります。そのため消費者金融への借入れが困難とすることが考えられます。

 

特に債務整理した消費者金融会社への今後の借入れは信用を失ってしまったため、削除されたとしても不可能としています。多大な迷惑をかけてしまったので、それも致し方のないことでもあります。しかし他社においては信用情報がホワイトとなれば審査が通り融資を受けることも期待できるとしています。

 

消費者金融と過払い金の関係

 

2007年以前にアコム、アイフル、プロミス、旧レイクなど消費者金融からお金を借りたことがある人は、過払い金が発生していることが考えられます。利息制限法の改正以前には高金利とした貸付としていたとして、昨今では多くの人が過払い金請求をして払い過ぎた利息を取り戻すことができています。

 

完済から10年で請求権の時効が消滅してしまいますので、心あたりのある方は早急に弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。時効が迫りつつありますが、まだ対象としている方も多く存在しているようです。特に長い間、返済し続けたという方では借金の金額にもよりますが、かなりの返還が期待できるとしています。

 

現在、借金を抱えている方では取り戻したお金で減額または完済する可能性もありますので、まずはいくらの過払い金があるのか調査する必要があります。大手消費者金融であれば8割程度の返還が見込めますが、中小消費者金融ではかなり少ない金額となることも予想されます。過払いの返還で倒産とした貸金業者も少なくないようです。

 

消費者金融カードローンで多重債務

 

即日融資や審査が緩いとしても知られている消費者金融のカードローンは、安定した収入があればお金を借りることができます。そのため学生や主婦、パート、アルバイトでも簡単に借入れをすることができます。急な出費により限度額までならいつでも、お金を引き出すことができますので便利であることは確かとなります。

 

しかし無理な借入れをすることで、返済が難しくなり他の消費者金融から返済のための借入れを繰り返すことで、多重債務となり債務整理を行う人が後を絶たないようです。使い道の理由は様々としていますが、消費者金融と債務整理は密接な繋がりとしているようです。