任意整理後は自動車購入できる?

車は生活の一部として必要不可欠としている人も多いのではないでしょうか。通勤や仕事関係、買い物、子どもの送り迎えなど使用用途は様々としています。そこで任意整理後において使用していた車が故障したり、古くなったことで買い替えを検討している方もいるようです。

 

そのため任意整理後でも車購入はできるのか?ローンを組むことができるのか不安となる人もいることでしょう。一般的に銀行、消費者金融、クレジット会社から借入れキャッシングはできなくなることは承知としていますので諦めている方もいるようです。

 

任意整理後でも車購入できた!

 

最近、注目されているのが債務整理の任意整理、個人再生、自己破産をした人でも車の購入ができる方法として、自社ローン、提携ローンについて解説したいと思います。

 

自社ローンとは?

 

販売店が利用者の状況により、自社の判断で分割払いに対応してくれる販売となります。通常のローンでは信用情報機関に事故として記載されていますので、審査が通ることは難しくなります。しかし自社ローンでは販売店の判断によりますので、購入希望者が任意整理後であってもローンを組むことが可能としています。

 

自社ローンとは販売店に中古車の購入代金を立て替えてもらって、販売店に毎月返済していくシステムとなっています。そして自社ローンを組めるということは銀行からの信用があるということとなりますので、どちらかというと大手の販売店としています。

 

提携ローンとは?

 

販売店が提携している信販会社と契約するものとして、完済するまでは販売店が所有者となります。利率は高めとなりますが、自社ローンよりも利用しやすくなっています。

 

債務整理をしても安定した収入が見込め、所在地として住所があるなら販売者の判断によりローンを組むことができ、車を購入することができるとしています。そこで自社ローン、提携ローンとしている車販売会社に注目し、毎月の分割の支払いをきちんとすることで車を手にすることができます。

 

マイカーローンは審査が厳しい?

 

銀行や信用金庫などの金融機関が行っている中古車を購入するための貸し付けとなっています。書類の準備や手間などがかかり、金利が低いため審査は厳しくなっています。そのため信用情報がブラックとしている間はローンを組むことは難しいようです。

 

またクレジット会社などが行っている中古車購入のための貸し付けとしているオートローンも、任意整理後でブラックが削除されない限りは困難としています。