民事再生と個人再生って何が違うの?比較

債務整理のなかでも住宅や財産を失わずに借金問題の解決する方法として個人再生があります。そこでよく聞かれる民事再生とはどう違うのか?気になる方もいるのではないでしょうか。特に現在、住宅ローン以外にも借金を抱えており、返済が困難としている方では関心を高めておきたいところでもあります。

 

民事再生で会社を立て直す!

 

  • 借金を抱えながら会社、企業の再建を図るための手続き
  •  

  • 債務額の制限はありません
  •  

  • 再生計画案では債権者との事前の説明・交渉が重要
  •  

  • 届出をしなかった債権者は再生計画案に反対であるとみなされる
  •  

  • 手続費用は着手金に高額な手続費用(予納金)が必要
  •  

  • 完了するまでに時間、手間がかかる

 

個人再生は民事再生を簡易化した手続き

 

  • 個人や自営業の方など再生を図ることを目的としている
  •  

  • 住宅ローンを除いた債務額が5000万以下と決められています
  •  

  • 再生計画案が認可されるためには債権者の過半数および債権額の2分の1以上の同意が必要
  •  

  • 届出をしなかった債権者は再生計画案に賛成であるとみなされる
  •  

  • 手続に必要な費用は着手金および再生委員への報酬15万円が必要
  •  

  • 比較的に短期間で完了することができる

 

民事再生と個人再生の違いは対象が会社または個人としていることでも明らかとしています。そして個人には再生委員がつく場合があり、民事には監督委員が必ず必要となりますので費用の差がかなり違ってきます。しかし自宅を失うこともなく借金を大幅に減額して返済計画に沿って支払うことができるとしたメリットは同じとしています。そして共に信用情報機関に事故として記載されることも同じとしています。

 

民事再生・個人再生は経験豊富な法律事務所へ

 

民事再生よりも簡略としている個人再生でもありますが、どちらも債務整理のなかでは手続きは複雑で手間のかかる方法としています。そのため早くに再建を目指したいのであれば、専門家に依頼することがベストとしています。また受任することで債権者に通知を送ってくれますので取り立てや請求もストップしますので、今後は集中して再生を図ることができます。

 

特に会社経営者にとっては不安なことも多々あり、全面的にサポートしてくれる弁護士、司法書士は心強く頼りになる存在としています。